フルコースディナー

0
     18日が下の息子のバースデーでしたが、東京に行ってしまっていたため、本日の日曜日にお誕生日をお祝いすることにしました。

    食べたいものは?と聞くとナイフとフォークでディナーがいい!というのです(笑)
    でも、外出でそれは緊張するということで・・・(笑)
    なら自宅でそれをしちゃいましょう♪と今夜は少し気取った食事会になりました。
    ただ、私はコックさんに変身で大忙しのディナータイムでした

    スープは
    クリーミーなポタージュです。パセリのみじん切りをちょっとかけて・・・

    次はベビーリーフのサラダですが、バジルチーズとオリーブオイルでアクセント!
    ミニトマトの赤い色をかわいく散らします。

    そしてホタテの貝柱のソテー、クリーミーなトマトソースのパスタを添えて・・・

    メインは牛ランプのステーキです。
    息子たちは小さいお肉だからハンバーグも一緒に出して!と言います(笑)

    パンはホテルパンをほんのり温めて出します。主人とオチビにはライスを・・・

    そしてフルーツのロールケーキ、バニラアイスとフルーツを散らせたデザートに飲み物は
    オレンジとカシスソーダのピルスナー
    主人にはキャラメルマキアート

    でも、キッチンで必死になっている私とは大違いで、テレビを見ながらのディナーです^^;

    おいしく食べて満足の様子でしたが。。。
    終わって食器を洗っていると、一枚も写真を撮っていないと言います(爆)

    1枚もって・・・
    結局、幻のお誕生日ディナーになってしまいました

    ろうそくにフゥーってする誕生日にはならなかったけど、こんなのもたまにはいいかも・・・

    でも、やっぱりこんなディナーは私も席についてゆっくり味わいたいです
    もちろん誰かに作ってもらって。。。ね!
    おいしいもの食べるときはやっぱしあわせですよね

    さて、明日の朝は金環日食です。
    キレイに見えるといいなぁ〜




    野球の頭。。。

    0
      うちの息子は小4と中1ですが、上の息子はクラブチームに入って野球をしています。
      そこは中学校のクラブとは違い、土日祝しか練習がありません。
      オーナーがいて、クラブチームの運営をしています。
      専門的指導者が集まり、指導してくれるので、息子と父親が小6の冬休みから色々見て歩き、このチームに入ることを決めました。

      でも、うちの息子は体が小さく、中学に入ってもほかのチームメイトに比べてもたぶん一番オチビさんでしょう(笑)
      やはり体の大きな子たちはバットに当たるとよく飛びます野球
      体が小さいのでコーチたちにもたくさん食べて、体を大きくするように・・・とことあるごとに言われていたようです。
      本人もだんだんクラブチームでの野球がいやになって来ていたようです!

      ただ、父親が一生懸命にお世話をしてくれることが辞めたい気持ちを抑えていたみたいですが・・・
      続きを読む >>


      息子の親離れ

      0
         今夜、上の息子が私に「携帯にパスワードつけたし。。。」と言いました。
        なんでも自分の携帯を見られては困るらしくパスワードがないと使えなくしたそうです。

        そういえば最近、お風呂に入るにも携帯を持って入っていると主人がこぼしていました。
        防水の携帯じゃないのですが、ジップロックに入れてお風呂に持って入っているそうです
        まぁ、この方法は私が依然携帯のゲームにはまっていた時に使っていた方法なので、息子も.ゲームをしているんだろうと思っていましたが、違ったようです。

        彼女が出来たからかな?
        メールのやり取りのため片時も離したくないようです(笑)

        さっき寝静まった子供の部屋に入っていき、携帯を開けてみるとパスワードの入力画面です!
        息子の誕生日を入れてもダメでしたw

        思い当たる数字はないのであきらめましたが、とうとう母親にヒミツが出来てしまったようでちょっとさみしい気持ちです

        水曜日に彼女のお母さんに会うそうです。
        会うといっても駅であいさつするだけと言いますが、私にもいつか彼女を紹介するのでしょうか?

        とりあえず、お付き合いというものをわかっていない中学一年生なので見守るしかなさそうです。


        フラれて泣く時が来るのでしょうかねぇ・・・

        今は多分ルンルン♪のしあわせ気分でしょう
        そっとしておくことにします



        親睦会での出来事・・・

        0
           今日は子供の少年野球の試合がありました。

          当番に当たっていたので、朝7時に学校に着き、会場になっている小学校のグランドまで送迎です。
          私の車には監督とコーチが乗りました。
          みなさん大人を乗せるのは緊張されるのか、年上の私に白羽の矢がたったみたいです
          でも、日頃お付き合いのある方たちだったので、世間話に花が咲き会場まではあっという間につきました。

          そして試合が始まりわが息子のチームは圧勝です
          お父さん連中も応援にチカラが入っているようで、自分の息子のエラーに大声で怒鳴ってしまいます(笑)

          一人日頃はとても温厚なお父さんが息子のエラーに初めて聞くような罵声を浴びせているではないですか!
          え〜っあのお父さんがこんなに怖いの?とビックリしました。

          案の定チェンジになって子供がベンチに帰ってきたとき先ほどのエラーしてしまった子が泣いてます。
          あんなに大声で怒鳴られたからなぁ〜と思っていたら、取れなくて悔しかった悔し泣きだったと言います。
          うちの子ならエラーしたってヘラヘラしてるに違いないですが、やはりお父さんも厳しいけれど、子供も上手になるだけあってやる気がすごいです。
          見習ってほしいものです

          その後もう一試合、今度は優勝候補の相手です。
          わが息子チームは負けていません。初回ポンポンと撃たれて4点取られましたがすぐ取り返し逆転、また1点取られ結局は同点で時間切れ!

          こういうう場合は抽選で勝敗を決めることになっていたようで、両チームの9人ずつでくじを引きあい当たり9本のうち何本当たったかできまるのです。
          子供のことなので、引いたくじを見せないようにして誰が当たりをひいたかわからないように両監督が気遣いながらあわてて隠します。
          そしてお互い手の中のあたりを確認、勝敗がきまりました。
          こんな時は勝っても派手に喜んではいけないそうです。
          相手への配慮だとか・・・

          でも、勝ったと聞いた瞬間、母連中は奇声をあげてしまいました(笑)すんません

          そして思いもかけない相手に勝ったということで、みんなで祝賀会です。
          食べ放題の焼肉ファミレスへ皆で向かいました。

          焼肉、お寿司、スウィーツ、フルーツ、サラダ、カレー、お惣菜やお味噌汁・・・etc
          食べ放題ですから子供も大人も食いまくり・・・(爆)

          そこでも例のエラーでお父さんに怒鳴られたYくん、調子に乗りすぎたのか食べ過ぎて気持ち悪くなっちゃいました。
          そしてみんなの真ん中でゲロッ
          またまたお父さんが大声でみんなにあやまれ〜って怒鳴っちゃいました。

          一瞬で祝賀ムードぶち壊しです。
          それがなければ食べ過ぎてゲロったってことは笑いごとで済んだのに・・・
          お父さんがみんなの気分壊しちゃったやん

          可愛そうに今日は大活躍のY君でしたが、一つのエラーを怒鳴られて、最後にまたまたゲロッって怒鳴られて。。。

          でも、Yくんのおうちでは帰ったらお父さんはお母さんに大そう怒鳴られたそうです(笑)
          やはり一番強いのは・・・お母さんでした

          バンザ〜イ



          夏休み最後の1日

          0
             私の子供のころは夏休みの宿題をこの日に集中して仕上げました(笑)

            でも、自分の息子たちには昨日までに終わらせるよう、母も頑張りました(爆)
            最近の小学校の宿題は、親の手がなければできません。
            ホント過保護な時代になりました。

            本日は貴重な夏休み最終日です!
            準備万端?ゆっくりゲームしている息子たち!
            相変わらずおなかすいた~の声に昼食準備の母です
            でも、それも今日が最後。あとは冬休みまでありません

                          

            昨日は職場でBBQをしました。

            最後に残った自由研究の仕上げを持って職場に行き、社員の子供たちがいる中ちょっと集中力に欠けましたが隣でイライラしながらアドバイスをし、なんとか昨日中に仕上げました

            会社でのBBQですが今年のはちょっとすごかったです

            新しく入った社員のお父さんが猟をされるそうで、イノシシシカのお肉が差し入れられました。
            初めてのイノシシ・シカの焼肉です
            イノシシはお鍋では食べたことがありましたが、匂いがあるということで、お味噌を使った鍋でしたからまさか焼肉なんて臭いんじゃないの?と最初は敬遠していたけれど・・・

            これがビックリ
            薄くスライスされたそのお肉は言われてもイノシシだとは分からないくらいおいしいお肉でした

            シカ
            は生のさしみを一切れいただいた経験はありましたが、今回はすこし厚めにスライスされてた肉を焼きました。これもまったくクセもなくジューシーでやわらかいお肉でした

            あとはヒネ鶏丸ごとをさばいてもらったもの、牛肉、ホルモン、そして野菜(キャベツ・ピーマン・トウモロコシ・さつまいも・シメジ・エノキダケ・玉ねぎ)が用意されていました!
            今年は女性社員3人で準備してくれましたから私はちょこんと座っておなか一杯幸せな時間を過ごせました
            ベジタリアンな方たちが聞けば卒倒するようなものを食べてしまいましたね

            貴重な命をいただき、動物たちに感謝してBBQは終了、片づけも女性社員3人が全部終わらせてくれました。

            本日の食材:イノシシ・シカ・ニワトリ・ウシ・ブタ・トウモロコシ・ピーマン・タマネギ・ししとう・シメジ茸・エノキ茸・さつまいも

            スゴイよねぇ〜〜〜




            カラオケ♪

            0
               今夜は子供のお友達ファミリーと食事&カラオケに行きました!
              先日行ったマジックバーに行く予定が、お店が定休日だったので
              急きょカラオケになりました。

              他の誰かと行っても決して歌わない子供たちも、このお友達とだけ歌います!
              あちらもそうらしいです(笑)

              ウチの息子たちはおばあちゃんが居酒屋してるので時々はお店の客がいない時
              歌ったりしていましたが、物心つきだすとそれもしなくなりました

              でも、いつ練習してるのか流行りの歌をいとも簡単に歌います。
              最近の歌は曲と歌詞が合ってない?っていうか言葉が早くて
              昭和の私にはついていけません

              歌詞を目で追いながら聞いていてもついていけない今日この頃です

              下のオチビは言ってやるのもなんですがかなりのオンチです
              でも、そんなことには関係なく平気で大声で歌います(笑)

              そして。。。音がはずれているにもかかわらず、機械が採点すると85点とか88点なんていう
              高得点を取ってしまいます!

              自分がオンチだと気づかないのはきっとこの点数のせいです。
              意外にウマイやろ!と密かに思ってしまっているのが、イケません。

              下手なくせにほかの人がちょっと詰まったりはずしたりすると、すかさずマイクもって
              ついて歌いだします

              さもフォローしてあげてるかのように・・・
              それがかなり邪魔だと知らずにするからたちが悪い

              自分の知らない歌までそれをやります(爆)

              あのカラオケの採点って、もしかしたら声の大きさだけで判断されているのじゃないでしょうか?
              99.999点の人の歌を聞いてみても、けっして上手だとは言えない様な歌でしたから・・・

              でもね、私の友人で100点出す人がいるのですが、彼女の歌はバツグンにウマイです。
              そこらの歌手よりウマイと思います
              あれを聞くと機械もちゃんとしているなぁと思います

              なのにオチビの歌に高得点をつける機械には信ぴょう性ゼロなんですよね。
              音程のチェックは甘いのかしら?そこを厳しくして欲しいです
              さもないと息子はこの先きっと歌がうまくならない様な気がします。





              少年野球

              0
                 子供の野球を久しぶりに見に行きました!
                と言うのは、今日私はお世話係の当番に当たっていたからです。
                日頃何一つ協力できていないので、この日ばかりは参加させていただきました。

                ジュニアカップと言う4年生の大会だからいつもの練習試合とは違って、ちょっと皆さんにチカラが入っているからです。
                主人は審判、私はお茶出しをさせていただきました。

                でもね、お母さんがあと2人お当番でいらしたのですが、この方たちはスコアブックをつけていたのです。
                聞くと、ほかのお当番の方もみなさんお勉強されてスコアブックをつけられるようになったそうです。

                たぶん、私だけスコアブックはもちろんルールさえわかっていないんだと思います。

                お母さん、お父さんが一生懸命協力されて成り立っている最近のスポーツ少年野球団です。
                私が子供のころは自分で勝手に自転車でグランドに行っていました。
                そして保護者も役員だけ数人来られていて、毎回同じ顔ぶれでした。

                いつからどこの親も参加しなければいけなくて、当番制になってしまったのでしょうか?

                まず団体競技が嫌いなので応援に行く気さえ湧かないのです(^_^;)
                わが子が上手くても下手でも平常心で見ていられないのです(笑)

                今日もうちの子はノーヒット、ほかのメンバーが頑張ってくれたので試合には勝ちました。
                私はちっとも楽しくない試合を見ながら(わが子が活躍しないから。。。)お世話してくださっている方々にアイスコーヒーやら冷やしたお茶を運びます。

                どうすればみんなのように子供の野球に必死になれるのでしょう?
                やはり私には子供に対する愛情が足りないのでしょうか?

                野球以外ってか個人競技で頑張るのなら必死で応援してあげるんだけどなぁ・・・

                わが子のせいで試合が左右しちゃうのは観ていてつらいものがあるのです。
                でも、個人競技なら頑張った分だけ返ってくるし誰かの足を引っ張ることもないので安心して観ていられるんだけどな!

                理屈では分かっていますよ。
                主人は団体競技派ですから、喜びも悲しみもなんでもみんなで分け合える・・・って言ってます。
                そんな気持ちももちろん子供には必要な大切なことなんでしょうけど、試合の勝ち負けは誰かのせいで勝ったり負けたりってのがなんか割り切れなくて・・・
                自分が頑張った分見返りがあるほうが私は好きです。

                だからと言うわけではないですが、スコアブックは書けないでいようと思います(笑)
                アレ?関係なかったですか








                百万回生きたねこ

                0
                   夏休みの宿題です。
                  感想文じゃなく本の紹介文を書くそうです。

                  家にあった本の中から小学4年の息子が出してきたのが、百万回生きたねこでした。
                  私も子供と一緒に読み返しましたが、たぶん、何年か先に読むとまた違った読み方ができるかも知れないなぁと思いました。

                  というのも、今回数年ぶりに読み返してみて100万年生き、100万回死ぬということは・・・
                  この猫の寿命は1年なのか?子猫の間に死んじゃうってこと?
                  だから誰のことも好きになれずにいたのかなぁ?と思いました(笑)

                  王様の飼い猫だった時には矢で殺され、サーカースではマジックの失敗で半分に切られてしまい、船乗りには海でおぼれさせられ・・・
                  考えてみるとずいぶん悲惨な死に方をしています。

                  死んでしまって飼い主は大泣きします。でも猫には元の飼い主に何の感情もないのです。

                  初めて自分の自由な生活が始まった時、いい寄る雌猫たちには魅力を感じないけれど、自分のことを振り向かない白猫に思いを寄せます。
                  初めて自分から好きになるということを知りますが、そこで.やっと猫としての幸せを感じるようです。
                  守るもの、愛するものが周りにいる生活が猫には一番好きな時間になります。
                  でもやがて愛した白猫が死に、1度も泣かなかった猫が今度は100万回泣くのです。

                  そして自分もその白猫の隣で静かに死んでいくのですが、やっと死ぬことを許されたってことでしょう。
                  守るものが出来て死にたくなくなる、相手に先立たれ悲しみにくれる、子ねこの巣立ちをさみしく思う、そんな感情を知らないうちは、死ぬことを許されないんですね。

                  昔この本を読んだときには100万年の間の猫の生活には興味がわかず、
                  最後に幸せに愛することを知ってよかったなぁとだけ思いました。

                  年を重ねて読み返し、今、飼い主を好きになれない可哀そうな100万年を感じます。
                  死ぬことを許されない100万年です。
                  何度もむごい扱いをされ、偏った愛情で縛られた100万年です。
                  私も100万人の飼い主の一人のように子供に偏った愛情を向けていないかと・・・
                  考えさせられました。